2019/07/28 令和元年に伴い、ホームページをリニューアル致しました。

神奈川県横浜市の分譲マンションの施工事例2

横浜市の分譲マンション (1)

リビング4本引き戸は締めた状態で間仕切りドアのようになっています。

 

横浜市の分譲マンション (2)

開けた状態では、扉を左にまとめることもできます。

4本すべて閉めた状態で、左右どちらからも出られるようになっています。

この場合、下レールを入れる必要があります。

 

横浜市の分譲マンション (4)

横浜市の分譲マンション (5)

壁いっぱいに枠のついた一本引きで、幅1200mm以上あります。

リビングにつながっており、バリアフリーで大きい家具も出し入れしやすくなっています。下の写真は、前の扉から見た図です。

 

横浜市の分譲マンション (3)

横浜市の分譲マンション (6)

左上の写真は、框組みの大きなガラスの入ったリビングの扉です。

Vカットを採用した扉で、シートを巻き込んでいるため、表面に「シートの端」や「つなぎ目」が出ず、非常にスムーズでキレイです。

透明強化ガラスを使用しており、安全面にも配慮しています。
 

右上と下の写真の片開き扉の枠は、壁の厚みがあり、枠も幅広です。

壁より奥まったところに建具が並ぶので、壁と建具が並ぶ時より枠が厚く、形状も異なります。